数年続く…個人再生のデメリット

  •  
  •  
  •  

数年続く…個人再生のデメリット

数年続く…個人再生のデメリット

個人再生はいくつかある債務整理の中でも、自己破産と任意整理の中間的性質を持つ存在として捉えられることが多くなっています。
個人再生においては申し立て時点の債務を確認したうえで「3年間で返済できる計画案を立てて返済する」ということになります。
これは自己破産のように債務が全て免除されるというわけではない代わりに、任意整理のように債権者との合意が必要なわけではありません。
そのため多くの人が「比較的手軽にできる債務整理の方法」として個人再生を採用するようになっているのですが、利用する際にはこの制度のデメリットも知っておかなくてはなりません。
ではどういったデメリットがあるのかと言うと、まず「返済計画を履行できなくなるということは認められない」ということです。
もし個人再生手続き完了後、そこで作られた返済計画すらも履行できなくなると債権者は裁判所に対して「再生計画取り消し申し立て」というものを提出します。
これが受理されてしまうと個人再生は無効のものとされ、計画を立てるより以前の状況に逆戻りしてしまいます。
そのため、個人再生時にはしっかりと返済できるプランを熟慮しなくてはなりません。
また「信用情報へ記載される」ということもデメリットの一つです。
こうした債務整理の情報が信用情報に記録されている限り、その人は金融機関にとって「信用できない顧客」として扱われることとなります。
そのため、記録が残っている間は新しい借金などをすることができなくなるのです。
個人再生が比較的手軽にできる債務整理であるということは確かですが、そこには明確なデメリットもあるということを忘れてはなりません。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

よく読まれている記事

無料窓口はこちら

   
 

個人再生のデメリットと言えば、個人再生手続き完了後、そこで作られた返済計画すらも履行できなくなると債権者は裁判所に対して「再生計画取り消し申し立て」というものを提出します。これが受理されてしまうと個人再生は無効のものとされ、計画を立てるより以前の状況に逆戻りしてしまいます。そのため、個人再生時にはしっかりと返済できるプランを熟慮しなくてはなりません。その他、個人再生にはデメリットなところもありますのでこちらのサイトにてご説明いたします。

2016個人再生・弁護士費用.com All Rights Reserved.

ライブチャットの小技 オデッセイ